それぞれの、看護の花の咲かせ方。
先輩VOICE

高石藤井病院
作業療法士
尾崎 弥生さん

充実した勉強の機会を利用し、患者さまの
生活全体をみられる作業療法士をめざします。

尾崎 弥生さん

こんな仕事をしています

回復期のリハビリを中心とした病棟で、在宅に向けて機能訓練やADL訓練、退院後の環境調整をしています。また、訪問リハビリを通して、患者さまの退院後の生活にも携わっています。患者さまには、常に笑顔で接することを心がけていますね。退院後に外来や病院外でお会いして、元気な姿で声をかけてくださったときに、やりがいを感じます。

良秀会に入職したきっかけ

中学生のころに、脳卒中で身体が不自由になった祖母がリハビリをしている姿を見て、作業療法士を志しました。夢を叶えて働く中で新たなスキルアップを考えていたところ、良秀会で働く友人に誘われ、入職しました。スタッフみんなが患者さまのことを一生懸命に考えている、良い職場です。

尾崎 弥生さん

5年後の私

さらに専門的な知識をつけてスキルアップしていきたいです。また、住環境についても勉強し、患者さまの入院から退院後の生活までを総合的にみられる作業療法士をめざし、その知識を後輩にも伝えていきたいと考えています。

入職を考えている方へ

現在、当院には3人の作業療法士がいます。全員で自助具の作成や定期的なミーティングを行い、情報や悩みを共有しています。先輩、後輩、職種に関係なく常に相談ができる環境なので、とても働きやすい職場です。勉強会や症例検討会など、スキルアップの環境も充実しています。法人内に訪問リハビリや通所リハビリのサービスもあるので、退院後も継続して患者さまのケアに携われますよ。ぜひ、私たちと一緒に働きましょう。