それぞれの、看護の花の咲かせ方。
先輩VOICE

介護老人保健施設 華
作業療法士
野口 佐希子さん

子育て中でも働きやすく、
新しいことにもチャレンジできる環境です。

野口 佐希子さん

こんな仕事をしています

排泄の介助量の軽減や、動作自立する練習、調理練習などをしています。また、認知症の方々と折り紙や編み物、植物栽培もしています。利用者さまのほとんどが私より年長なので、人生の先輩にあたることを忘れず、常に尊敬の念をもって接するよう心がけています。入所されている方が退所され、元気に通所に来られるのを見ると嬉しく感じます。また、認知症の方と手芸に取り組んでいると、自分自身もほっこりと穏やかな気持ちになりますね。

良秀会に入職したきっかけ

友人の勤務する介護老人保健施設を見学させてもらい、そこで初めて“作業療法士”という職業に興味を持ち、志しました。その後ほかの病院で働いていましたが、子どもが小さく両親にも援助してもらっている状況だったので、自宅近くのより働きやすい勤務先を探していました。当施設を見学し、子育て中でも働きやすいよう配慮されていると感じ、入職。実際、できるだけ残業しないようにしてくださるなど、職場環境の良さを感じます。

野口 佐希子さん

5年後の私

現在、調理練習や園芸はまだまだ始めたばかりなので、認知症の方々と一緒にこれからもう少し拡大していけたらと思います。職員のみなさんがとても協力的で、新しいことを始めるときも「ぜひ、してください」と後押ししてくださるチャレンジしやすい環境なので、ぜひそれを活かして頑張りたいと思います。

入職を考えている方へ

現在の職場で作業療法士は私一人ですが、スタッフの皆さんの協力があり、子育て中でも働きやすい環境です。また、病院・訪問・老健などさまざまな部門が情報交換を密に行い、連携して仕事に取り組んでいるので、若い方も勉強しやすい環境にあると思います。ぜひ1度見学に来て、職場の雰囲気を見ていただければと思います。