作業療法士(新卒)

希望勤務地

藤井病院

募集内容

勤務地

藤井病院
大阪府岸和田市西之内町3-1 TEL:072-436-2201

業務内容

・リハビリテーション診療業務(運動療法/物理療法/基本的動作訓練/応用動作練習など)
・診療記録の記載
・訪問系業務(家屋評価・退院前訪問指導)
・カンファレンス(病棟カンファレンス・初回面談・退院前面談)
・ミーティング(チームミーティング(1回/10日)・朝の病棟申し送りなど)
・書類作成業務
・集団作業活動(OTレクリエーション)

応募資格

作業療法士資格

条件等

●勤務時間
8:30~17:30
※回復期病棟配属者のうち対応可能な職員のみ、月2日程度の変則勤務あり(6:30~15:30)

●給与(令和3年度実績)
年収3,574,300円~(賞与・諸手当含む、時間外手当別途支給)
経験・年齢を考慮の上、当院規定により決定
◎モデル年収
〇28歳/作業療法士/6年目/一人暮らし
モデル年収約411万円(賞与含む、時間外手当別途支給)
〇32歳/作業療法士/10年目/扶養家族(配偶者・子)あり
モデル年収約444万円(賞与含む、時間外手当別途支給)

●待遇・福利厚生(令和3年実績)
住宅手当:15,000円(世帯主の場合)
家族(扶養)手当:配偶者10,000円 その他5,000円/1人
交通費:規定に準じガソリン代の支給・公共交通機関利用の場合は定期代を支給
賞与:年2回(7月・12月)
昇給:年1回
慶弔金、親睦会補助金
日帰り旅行、魚釣り大会
忘年会、学術発表会
臨床心理士、保健師による面談
社会保険完備(健保・厚生・雇用・労災)
昼食の補助(ご飯・お味噌汁・お漬けもの)あり
※現在感染症予防のため一時昼食補助の提供を中止しております

●休日・休暇
週休2日制(年間休日109日)
夏季休暇(2~4日)、有給休暇(初年度10日)、特別休暇(慶弔関係)

1日のスケジュール(日勤)

8:30

朝礼

・本日の診療における患者様の情報収集
・診療内容について、担当者や先輩療法士と相談
・バイタルセットおよびリハビリテーション使用物品の確認と準備

9:00

午前の診療業務

患者様に寄り添ったリハビリテーションを実施
・診療内容について、担当者や先輩療法士との相談・申し送り

12:00

お昼休み

仲間とコミュニケーションをとりながら、楽しい雰囲気の休憩時間

13:00

午後の診療業務

他職種で連携・協同し、患者様お一人おひとりに、より良い医療を提供
・各病棟のリハビリテーションカンファレンス(週1回)

14:00(15:00)

病棟カンファレンス

16:00

翌日の診療予定作成

16:30

チーム担当で、患者様により良いリハビリテーションを提供
・診療記録業務
・患者様の担当者ディスカッション
・スタッフ指導および相談

17:00

その他、書類作成業務など

17:30

終業

その他

退院前訪問指導・早朝リハビリテーション等の患者様支援の取り組みも行っています

リハビリテーション科の紹介

チームごとに協議を深め、よりよいリハビリテーションの提供を目指します

患者様の担当はチーム制度であり、それぞれ外来・一般および療養病棟・回復期担当のチームがあります

臨床においての志を高く持ち、地域の患者様に安心して在宅復帰していただけるように、介護事業との連携も積極的に実施し、地域の方々の生活を支えるリハビリテーション科となっております

訪問リハビリテーション事業

良秀会の方針である「地域に根ざし・地域を支える」に基づき、医療・介護の専門的な立場から、患者様・利用者様にリハビリテーションを提供

泉州地域のグループ内病院において、訪問リハビリテーション事業を行っております
各病院において、訪問リハビリテーションスタッフが、退院前カンファレンスや退院前訪問指導へ積極的に参加・同行します
具体的かつ現実的な退院準備のため、自宅環境の整備や福祉用具に関するアドバイス・他サービスや他職種との連携や介助方法指導を行い、退院後もリハビリテーションの機会が途切れない、シームレスなサービスを提供しております

住み慣れた環境でアイデンティティに満ちた生活を継続できる、「その人らしい暮らし」を大切に

地域でお困りの患者様・利用者様に対して、自院医師はもちろん、他院医師や看護師・介護スタッフ・ケアマネージャーなど他職種と細かく連携を図り、患者様・利用者様の自立支援をサポートいたします

細やかなニーズに応じたサービスを提供しています

整形疾患・内科疾患(呼吸・循環器疾患、人工透析など)・指定難病・術後・ターミナルケアなど、幅広い疾患領域や病期に対応しています
・転倒予防や褥瘡予防
・介護者への介助方法指導
・屋外歩行や自転車乗車など外出練習
患者様・利用者様一人ひとりに寄り添った、「その人らしい」目標を設定します
また、目標を達成した際には、「訪問リハビリ卒業」を提案し、自立への後押しをしております

職場環境

一人ひとりが成長できる可能性を持っている職場です

藤井病院リハビリテーション科は、理学療法士20名・作業療法士6名・言語聴覚士1名・助手2名と、合計29名のスタッフが在籍しております(2021年12月現在)
過半数が20代と若いスタッフが多いです
各自出身校も様々で、それぞれの特色ある知識や技術を共有し研鑽しております
また、先輩後輩や管理職も含めスタッフみんなが気兼ねなくコミュニケーションが図れており、安心して仕事の相談もできる、そんな職場環境が、私たちの一番の自慢です

また、産前産後休暇や育児短時間勤務の制度により、多様な働き方での勤務が可能です
女性職員の産後復帰率100%の実績があり、子育てなど家庭との両立を叶えたい方も、安心して働いていただけます

新卒入職者インタビュー

2021年4月入職者(入職後8カ月)【 大阪河崎リハビリテーション大学卒業】

私は、急性期~回復期、維持期、生活期まで幅広い分野でリハビリテーションを学び経験することができる藤井病院に、新卒として入職しました
はじめは不安なことばかりで、どうすればいいのわからないことが多々ありました
そんなときには、先輩の方々が相談に乗って下さり、優しく丁寧に指導していただき、安心して業務に励むことができたと感じています
また、スタッフの経験年数に関わらず、休憩中には日常的な話も気さくにしてくださり、和やかな雰囲気の職場であると思います

(嬉しかったこと)
患者様から感謝の言葉をいただけたときは、とてもやりがいを感じます
毎日のリハビリテーションを通じてできることが少しずつ増えてゆき、「リハビリのおかげでよくなった」と言っていただけたときは、とても嬉しく思います
また、笑顔で患者様が退院される度に、この仕事のやりがいを強く感じます

(これからの目標)
今後は、患者様の想いや希望に寄り添った目標を立て、その目標により近づけるリハビリテーションを行えるようになりたいです
そのために、向上心を持って学習を重ねることが必要です
患者様が退院した後にはどのような動作が必要か?どのような生活を送るのか?を十分理解した上で、その人らしい生活が送れるように支援するために、日々のリハビリテーションの内容を考えていきたいと考えております

教育(研修、勉強会)

幅広い病期(急性期から在宅生活まで)の経験を積み、地域の方々に貢献

リハビリテーション科では、新人教育制度として「1対1の”バイザー制度新人教育”」および「”班編成の患者様担当”」を採用し、手厚いサポート体制が整っております

また、卒後教育として勉強会を定期開催しております

多数の養成校からの実習生受入れも行っており、実習生指導を通じて、指導力スキルの向上を図ります

腎臓リハビリテーション指導士や、心臓リハビリテーション指導士など、専門的な分野の学習を希望するスタッフには、面談の上、研修費用の補助制度もあります