看護師 新卒

希望勤務地

職種

募集内容

勤務地

藤井病院
大阪府岸和田市西之内町3-1 TEL:072-436-2201

業務内容

人工透析に関わる看護業務
 ・透析に関わるコンソール(透析監視装置)操作及び穿刺等直接業務
 ・食事や服薬管理、フットケアやアクセス管理等のセルフケア支援
 ・合併症の予防・早期発見
 ・長期療養生活のための援助
 ・医療チームでのカンファレンス

応募資格

正看護師または准看護師免許有資格者(来春の国家試験で同免許を取得見込み)

条件等

●勤務時間
変形労働時間制
8:00~18:00
8:00~17:00
8:00~14:00
8:30~18:30
8:30~17:30
8:30~14:30
(日曜は完全休日)

●給与(令和元年度実績)
〇看護師
年収3,450,000円~(賞与・諸手当含む、時間外手当別途支給)
〇准看護師
年収3,080,000円~(賞与・諸手当含む、時間外手当別途支給)

●待遇・福利厚生(令和元年実績)
住宅手当:15,000円(世帯主の場合)
家族(扶養)手当:配偶者10,000円 その他5,000円/1人
交通費:規定に準じガソリン代の支給・公共交通機関利用の場合は定期代を支給
賞与:年2回(7月・12月)
昇給:年1回
慶弔金、親睦会補助金
日帰り旅行、魚釣り大会
忘年会、学術発表会
臨床心理士、保健師による面談
保育料助成制度(保育料の半額~全額を補助、上限60,000円まで)
社会保険完備(健保・厚生・雇用・労災)
昼食の補助(ご飯・お味噌汁・お漬けもの)あり

●休日・休暇
週休2日制(年間休日109日)
夏季休暇(2~4日)、有給休暇(初年度10日)、特別休暇(慶弔関係)

1日のスケジュール

8:00(8:30)

・透析準備 薬剤準備  等
・申し送り 患者様の状態 検査予定 等
・透析開始   体重測定 穿刺及び透析開始
バイタルサインチェックおよび全身状態の観察、患者様の情報収集
1時間毎のバイタルチェック、フットケア

10:00

中間カンファレンス(患者情報の共有)
Dr.報告

10:30

昼食(交代で40分間休憩)

12:00

透析終了(返血操作)
バイタルサイン測定、体重測定
患者様退室 ベッドメイキング
午後透析準備

13:30(14:00)

患者様入室、透析開始
体重測定 穿刺及び透析開始
バイタルサインチェックおよび全身状態の観察、患者様の情報収集
1時間毎のバイタルチェック、フットケア
休憩(交代で20分間)

16:30(17:00)

透析終了(返血操作)
バイタルサイン測定、体重測定
患者様退室 ベッドメイキング
翌日透析準備
※準夜勤務の業務内容は日勤に準じる

腎・透析センターのご紹介

地域最大規模の透析施設で、高いレベルの治療提供を目指します

当センターは、透析ベッド119台と地域最大規模のベッド数を有し、約360名の患者様に治療を行っております。また、年間90件以上の透析導入数があり、外来維持透析から終末期までの幅広いケアを提供しております。また、慢性腎臓病療養指導看護師(6学会合同認定)3名を配置し、熟練した看護技術と知識を用いて看護の質の向上に努めております。
【受け持ち看護制】
透析患者様の多岐にわたる合併症や、迅速に患者様のニーズへの対応ができるよう、受け持ち制と固定チームナーシングを取り入れております。
患者様それぞれに受け持ち看護師を配置することで、患者様の小さな変化への気づきが早くなり、信頼関係も構築されやすくなります。また、受け持ち看護師をチームがバックアップできる体制が、看護力のバラつきの均等化や、看護師の負担軽減にも繋がっております。

活発な委員会活動

・VA委員会当センター
当センターでは、独自のVAスコアリングを用いてVAを評価し、異常の早期発見、早期治療を図ります。委員会はVAに関する情報を集約し質の担保と向上に努めております。
・FC委員会
糖尿病・PAD患者様の下肢切断防止の取り組みとして、フットケア専任看護師を7人配置しております。当センターでは独自のFCのセルフケア評価を用いて、患者様のセルフケア力に沿った支援を実施し、フットケアの質の維持に努めております。
・体重管理委員会
当センターでは、減塩指導を徹底することで、透析間の体重増加を管理しております。委員会は、食塩摂取量と体重増加量を把握し、心不全予防に取り組んでおります。
・災害委員会
毎月の伝言ダイヤルの練習や、年2回の避難訓練を実施しております。また、「災害対策マニュアル」も定期的に見直し改良しております。

学会発表

スタッフの技量と知識向上のため、学会での発表を積極的に推奨しております

日本透析医学会・大阪透析研究会・日本腎不全看護学会への発表を奨励しております。
過去4年間で、優秀論文賞に2回選定されました。

職場環境

「みんな仲良く」をモットーに、働きやすい環境を

センター長の「みんな仲良く」の方針のもと、看護師間だけでなく、臨床工学技士、看護助手、クラークがチームとなり、それぞれの役割を果たしながら、より良いケアの提供に努めております。とにかくアットホームな雰囲気で、仲が良いことが私たちの自慢です。こうした環境の中で、共に成長できる職場であり続けるよう努めております。

キャリアアップについて

ラダーの導入

高齢化社会や他職種連携がさらに強化される社会背景のなかで、看護職の求められる役割も多様で重要になっています。
看護職者として、高度な知識・技術の習得の為の自己研磨や看護実践力を高めるための学習は当然のことと理解しています。しかし、個人の努力に任せきりにしないために、看護部として個々のキャリア開発を支援する目的に、「看護職キャリア開発ラダーシステム」を導入します。

支援制度

引っ越し代補助制度

「通勤の負担を少しでも軽くして、業務に集中できる環境を整えたい」という方に、新たな生活のスタートをサポートします!
就職を機に勤務地より2km圏内に引っ越しされた職員に対し、引越し費用を負担します。(上限があります)

奨学金制度

看護師の資格取得を目指し、看護学校在学中の方、または入学が決定した方を対象に貸与します。
月額50,000円・60,000円・70,000円から選択することができ、卒業後、看護師として一定期間勤務した場合には、その返済を免除します。
当法人では、多くの学生がこの制度を利用し、現在看護師として活躍しています。