誤接続防止コネクタの国内導入について

誤接続防止のための国際規格の導入に向けた対応として、わが国においても

①誤接続防止による医療安全の向上

②国際整合による製品の安定供給の確保から、国際規格の導入を検討してきた。

経腸栄養関連製品では、以下のような製品が導入対象になります。

供給開始時期は2019年12月を予定しています。

※経腸栄養分野の現行規格製品の供給は、2021年11月末に終了となります。

切り替え期間が約2年間あるため、各施設や病院の製品の導入状況により異なる性状の物を使用する事になります。

そのため、変換コネクタの作成を各業者が行いますが、新規の入院患者様や入居者様によっては、使用物品の確認と変換コネクタの持参があるかの確認が必要になります。

*詳細図はこちら

持参がない場合は元の医療機関や施設に問い合わせることが必要になりますので、十分ご注意ください。

当法人でも、勉強会を開催予定ですので、詳細が決まりましたら、ご報告致します。

 

                                                       リスクマネージメント委員会