それぞれの、看護の花の咲かせ方。
先輩VOICE

岸和田在宅総合センター
理学療法士
辻脇 奈津実さん

利用者さまの笑顔が元気の源。
1人ひとりに合った自立支援に努めます。

辻脇 奈津実さん

こんな仕事をしています

岸和田市を中心に、近隣の市町に住む利用者さまの自宅や施設を1日に6件ほど、それぞれ週1~2回、バイクや車、自転車で訪問します。訪問時はまず利用者さまの体調や最近の心身状況の変化を把握します。お1人おひとりの目標実現に向けて、ADL訓練や体操指導、環境設定、精神支援、ご家族への介護指導などの自立支援を行います。“その人らしさ”を大切にするため、暮らしの環境をよく知るよう努めていますね。利用者さまの笑顔は私の元気の源です。目標を達成して卒業される方が「ありがとう」と言って握手をしてくださるときには、私も嬉しさと感謝で涙が出そうになります。

良秀会に入職したきっかけ

母校の先輩が多く入職しており、心強かったことが大きいですね。また、職場見学をした際、スタッフルームの雰囲気が和やかでいいなと感じたのも理由の1つです。実家の和歌山からもそう遠くないので、いつでも帰省できる安心感もあるんです。

辻脇 奈津実さん

5年後の私

利用者さまをはじめ、将来の高齢者が元気に暮らせるような取り組みを積極的に行い、地域社会に貢献することが目標です。自宅訪問だけでなく、民間施設にも赴き、体操教室や介護指導教室などの開設を考えています。

入職を考えている方へ

訪問看護ステーション 華は若いスタッフが増えていることもあり、みんなパワフルで活気にあふれています。利用者さま本位の自立支援をモットーに、チーム全員が団結して、日々奮闘しながら成長しています。岸和田在宅総合センターには訪問看護ステーションのほか、居宅介護支援事業所や訪問介護、デイサービスなど様々なサービスが集合しており、他職種のスタッフと些細なことでもすぐに相談し合えます。利用者さまにより良いサービスを提供するため、連携を重ねられることも魅力ですね。セラピストとしてはもちろん、人間的にも成長できる、魅力ある職場です。ぜひ一緒に働きましょう!