1つの想いでつながる未来。
リハビリテーション科紹介

藤井病院のリハビリテーション科

当院では、4つの部署それぞれが医師や看護師と連携しているほか、部署全体も一丸となって患者さまへの自立支援をしています。また、新人教育をはじめとして、各スタッフが勉強し、成長をめざせる環境づくりに努めています。

藤井病院集合写真

一般病棟

藤井病院

整形外科疾患の患者さまには手術翌日から、内科疾患の患者さまには発症後の可及的早期の段階から介入してリハビリを行います。医師、看護師とチームを組み、医師の指示のもと病棟での身の回りの動作の自立や在宅・社宅復帰に向けたリハビリを実施しています。整形疾患に関しては、椎体骨折や四肢の骨折、股関節や膝関節の人工関節手術を受けられた患者さまを中心に、最近ではARCR(鏡視下関節修復術)やリバース型人工関節手術といった肩関節手術後の患者さまに対してもリハビリを提供しています。

療養病棟

当病棟には主に、透析を受けている患者さまが入院しています。長期にわたる入院期間の中でも、季節を感じながら生活できるよう配慮し、患者さまのADL維持や向上、QOL向上に向けたリハビリを実施しています。また、他職種と連携して、在宅復帰への支援も行います。

回復期病棟

退院後、安心して患者さまその人らしく生活していただけることをめざしリハビリを実施しています。退院後にかかわるケアマネージャーや在宅スタッフ、ご家族と密に相談し、安全かつ活動的な暮らしをめざして、家屋評価やカンファレンス、退院前指導を実施しています。

外来

藤井病院

当院退院後の患者さまに、継続してリハビリを行います。また、さまざまな疼痛やADLの低下で悩まれている患者さまに対しても、リハビリを実施しています。

新人教育

当院では充実した制度のもと、新人への教育を実施しています。特に新人スタッフが対象の研修として、4月にオリエンテーション、7月以降に勉強会、また年間を通じて行う個別バイザー制度があるほか、年間計画に沿って勉強会を毎週開催するなど、スタッフの成長に向けてさまざまな機会を設けています。