看護部紹介

津久野藤井クリニックの看護部

当院は、人工透析治療を中心として、地域に密着した医療をめざしています。アットホームな雰囲気の病院で、常に患者さまに寄り添った看護に努めます。ここでは各病棟の業務や特徴、当病院へ入職を考えている方へのメッセージをご紹介します。

看護部長代行からのご挨拶

看護副部長からのご挨拶

患者さまとの信頼関係を築ける看護を心がけています。

津久野藤井クリニックは堺市立総合医療センターの近隣に位置し、一般内科・泌尿器科、外来での短期滞在手術も行っております。通院透析外来もあり19床の有床診療所となります。
看護部は、透析室・病棟・外来からなり少人数だからこそできる部署にとらわれない、ひとりひとりの患者様の情報をスタッフみんなで共有し、基本方針である「地域住民に信頼され親切できめ細やかな医療」の提供ができるよう、患者様の思いを聞き取り、見つめ、手を差し伸べる看護に取り組んでおります。

泉北藤井病院 看護部長代行 壱崎 倫子

外来・病棟

外来・病棟 外来・病棟

当クリニックの1階が外来診察で、内科、整形外科、泌尿器科の診察をおこなっています。2階が透析室で、3階病棟には19床の入院ベッドを完備しており、透析患者さまや内科、泌尿器科などさまざまな疾患を抱える患者さまが入院されています。心配ごとや質問などを気軽にお問合せいただけるよう、患者さまに寄り添った看護をめざしています。

地域に根付いたクリニックの顔として、患者さま一人ひとりに、丁寧かつ迅速に対応することを心がけています。また、他部署との情報共有も活発に行い、少人数だからこそできる看護に一丸となって取り組んでいます。ぜひ一緒に、患者さまに寄り添った看護を実践しませんか?

透析室

透析室

22のベッドを有し、最新型のオンラインHDFを行う機械や、LDLアフェレーシス治療を行う機械も完備しています。受け持ち制を取り入れ、受け持ち看護師が継続して対応をすることで、患者さまと信頼関係を築き、状態や気持ちを汲みとって日々の看護に活かしています。また、透析患者さまには無料のバス送迎を行い、通いやすい病院をめざしています。

スタッフ同士の仲がよく、8人いる看護師のうち、6人が9~12年間勤務している働きやすい環境です。患者さまも慣れ親しんでくださっていて、他院で検査や専門治療を受けられたときも、「早く津久野へ帰りたかった」、「津久野に帰ってきたら、ほっとする」といったお声をいただきます。勤務中は時に厳しいこともありますが、アットホームな雰囲気で、チームとして成長できるよう全員で切磋琢磨しています。