看護部紹介

高石藤井心臓血管病院の看護部

当院は循環器に特化した病院です。5つある部署がそれぞれ連携を大切に、患者さまに安心していただける看護をめざしています。また、循環器について学びたいというスタッフが多く入職しています。ここでは各病棟の業務や特徴、当病院へ入職を考えている方へのメッセージをご紹介します。

看護部長からのご挨拶

高石藤井病院 看護部長 正木 正子

患者さま一人ひとりに、優しさと思いやりのある看護を提供します。

私は看護を語るとき、「愛・知・技」という表現を引用させていただいています。「知」は看護師として専門的な知識を学ぶことで、「技(わざ)」は、その知識を使って、患者さまにケアをすること。そして「知」と「技」を支えるもっとも大切なものは、看護師自身の心のうちにある「愛」であり、人を思いやる気持ちです。湧き出る泉のように自然と心の奥底からあふれる思いやりが、優しさへとつながります。患者さまは、自分の味方になってくれると、看護師に積極的に信頼を寄せておられます。向き合ったときに、誠意があるかないかは言葉や態度に自然と表れ、その気持ちは必ず相手に通じます。私たちは患者さま一人ひとりに誠実に向き合い、優しさと思いやりのある看護をめざしています。

高石藤井病院 看護部長 正木 正子

外来(2階)

外来(2階)

当院は循環器に特化した病院であり、虚血性心疾患のみならず、末梢血管障害、弁膜症、心筋症、心不全、不整脈といった心疾患全般の治療をおこなっています。

外来は病院の窓口です。円滑に患者さまの検査や治療がおこなえるように、看護師やクラークは、医師と患者さまの架け橋となるよう努めています。スタッフ一人ひとりが患者さまの思いに寄り添い、さまざまな言葉に耳を傾ける環境作りを心がけて、看護にあたっています。

一般病棟(4階)

一般病棟(4階)

循環器疾患の亜急性期から慢性期までの病期にあたる患者さまに対して、専門的な医療や看護を提供している病棟です。

スキルアップのために、教育委員を主体として勉強会を定期的に開催しています。慢性心不全看護認定看護師も在籍しており、専門的でエビデンスをもった質の高い看護が提供できるよう、カンファレンスに積極的に取り組んでいます。

CCU(3階)

CCU(3階)

急性期の循環器疾患を専門とする集中治療室で、6床(内2床個室)で稼働しています。主に、心筋梗塞や心臓外科手術直後の患者さまや、人工呼吸器や補助装置となるLABP・PCPSなどの治療を受けている患者さまの看護をおこなっています。

患者さまの状態変化が著しいため、些細な変化に注意して観察し、看護するよう意識しています。また、患者さまやご家族を含めた精神的ケアにも介入できるよう、日々努力しています。

カテ室(3階)

カテ室(3階)

狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全といった疾患に対して心臓カテーテル検査(CAG)や治療(PCI)、カテーテルアブレーション(ABL)、ペースメーカー埋め込み術などを、医師や専門職種と協働でおこなっています。

検査などのない日は病棟勤務もでき、検査前や治療後の患者さまを看護することができます。患者さまが安心・安全な治療ができるよう、広い知識と専門性の高い看護を提供するために、認定IVR看護師資格取得にも積極的に取り組んでいます。現在1名が活躍中です。

手術室(3階)

手術室(3階)

循環器に特化した病院という特性を活かして循環器内科と連携し、インフォームド・コンセントを強化したうえで、高齢の患者さまにも手術による侵襲を最小限に努めた心臓の外科手術をおこなっています。

平成28年5月より、心臓外科の手術が始まりました。主に、心動下で行う冠動脈バイパス術(OPCAB)、弁膜症に対しての弁置換や弁輪形成術などの手術を行っています。現在の手術回数は週1回ですが、件数が増加しているため週2回の実施を検討しており、医師や他職種と連携、協力して体制を整えています。興味のある方、ぜひお待ちしています!