泉北藤井病院 看護部
看護部紹介

泉北藤井病院の看護部

当院は泉北ニュータウン内の自然豊かな環境に位置し、地域密着型として3つの部署それぞれが、患者さまに寄り添う看護を心がけています。ここでは各病棟の業務や特徴、当病院へ入職を考えている方へのメッセージをご紹介します。

看護部長代行からのご挨拶

泉北藤井病院 看護副部長 壱崎 倫子

地域に密着した「顔の見える、人にやさしい病院」です。

当院は堺市南区の泉北ニュータウン内に位置する、自然豊かな環境を特徴とした地域密着型の病院です。患者さまに心からくつろいでいただけるよう、内装はホテルのような仕様で、居心地のよい空間となっています。看護部は、外来、療養病棟、透析室の3部署からなります。他施設に比べると看護職員は少数ですが、「顔の見える、人にやさしい病院」を基本方針として、スタッフ全員が医療従事者としての責任と誇りを持ち、患者さまやご家族、地域の方々に質の高い看護を提供できるよう取り組んでいます。

泉北藤井病院 看護部長代行 壱崎 倫子

外来紹介

外来紹介

当院の診療科は、総合内科を中心に曜日指定で、女性泌尿器科・泌尿器科・整形外科・脳外科を備えています。内視鏡検査など各種検診を通して予防医療を推進することで、健康づくりのパートナーとして地域の皆様に寄り添っていきたいと考えています。また、グループ病院である特性を活かして、急性期治療が必要な場合は他施設での受診をご案内し、患者さまをサポートします。

近隣から定期的に来られる多くの患者さまの状態や薬剤情報、検査結果などのデータを把握し、医師との共有に努めています。患者さまの変化に気づき、迅速に対処できるよう、かかりつけ医の看護師として日頃よりみなさまに寄り添い、きめ細やかな看護ができるよう、スタッフ全員が心がけ、笑顔で取り組んでいます。

療養病棟

療養病棟

40床の医療療養型病棟1(20対1)の病棟です。難病疾患や維持透析、医療依存度が高い患者さまの長期入院と、当院の内科や通院透析患者さまのかかりつけとして、肺炎などの短期入院を受け入れています。安心して入院生活を送れるよう、他職種のスタッフと連携し、治療や看護にあたっています。私たちは、患者さまのQOL(生活の質)向上をめざし、笑顔と優しさをもって患者さまに寄り添う看護をめざします。

患者さまのニーズや個別性を考えて看護計画を立て、その方らしく安心して入院生活が送れるよう努めています。単調な生活を少しでも楽しく過ごせるよう日々カンファレンスで話し合い、季節ごとのイベントも企画しています。忙しい毎日ですが、スタッフ同士で声をかけ合いながら患者さまに寄り添う看護をめざして取り組んでいます。

透析室紹介

透析室紹介

当院の中核である透析室は、50床のベッドを完備。患者さまに安全で安心できる治療を受けていただけるよう、勉強会や学会にも参加して知識や技術の向上に努めています。また、「患者さまの足を守る!」をコンセプトに、フットケア係が中心となり、全患者さまの足の観察やフットケアを取り入れるなど、細やかなケアの充実に力を入れています。また、他部署との連携を密にすることで、合併症の早期発見・対応にも努めています。

当院は地域密着型であることから、透析室も地域に根差した医療を心がけています。特に以前からおこなっていたフットケアをさらに充実させるため、係を中心にスタッフ一丸となって取り組んでいます。透析治療は長期にわたるため、患者さまによき相談者として寄り添い、思いやりのある看護を心がけています。